国分寺の家


リノベーション、減築


築29年の木造住宅の耐震改修も含めたフルリノベーションです。
確認済証のない違法建築でしたが、違法部分の減築を施したのち増築することで 遵法性を確保しました。 (確認済証を増築にて取得し、ローン付けを行っています)
玄関からはこの家の特徴である大きな土間空間が広がります。
 
 

【土間】
玄関から続く大きな土間空間は趣味の空間であったり、庭いじりのモノやお気に入りのモノを置くディスプレー空間です。
夏場はひんやりとした陶器製の手洗いが猫のスぺースになるようです。
 
 
 
 
 

【土間】
玄関扉は住宅ではめずらしい、ガラスの両開き框戸です。
 
使いかたに応じてロールカーテンを閉じたり開いたりと外部との距離を使い勝手で変えられる設えとしています。
ドアノブは真鍮製とし、経年変化が楽しめるようにしています。
他の建築材料も同様に経年変化を考えた材料選定をしています。
 
 

【リビングダイニング】
大きな空間が必要になるリビングダイニングは構造的に負担の少ない2Fに設けました。
建物全体の構造補強を行いつつ、構造的に問題がない柱を撤去して開放的な空間としています。
 

敷地    :
敷地面積  :
建築面積  :
延べ床面積 :
特徴    :